株式会社 Tokyo New Cinema

MENU
株式会社 Tokyo New Cinema
〒194-0021 東京都町田市中町1-4-2
tel. 042-720-1024
mail. info@tokyonewchinema.com

COMPANY

株式会社 Tokyo New Cinema

〒194-0021 東京都町田市中町1-4-2MBDA

大きい地図で見る
  • Facebook
  • Twitter

tel. 042-720-1024

「世界品質を東京から」
高品質な広告動画の制作・映画制作
JETRO輸出大国コンソーシアム会員

木ノ内 輝

木ノ内輝 Hikaru Kinouchi

株式会社Tokyo New Cinema代表取締役。
北海道生まれ、東京都町田育ち。ハーバード大学研究室在籍中にプロデューサーを務めボストン国際映画祭にて最優秀撮影賞を受賞。帰国後、製作総指揮を務め第27回東京国際映画祭にて入選、続けて同映画祭にて2年連続入選を飾る。
最新作『四月の永い夢』は第39回モスクワ国際映画祭にて国際批評家連盟賞とロシア映画批評家連盟特別表彰のダブル受賞を果たした。
医学・芸術を含む多彩なバックグランドからの起業と展開によりHUFFPOSTにて「映画界のテスラ」と期待される。青山大学総合文化政策学部協力教員。
資金ゼロ経験ゼロからモスクワ国際映画祭受賞へ 医学研究者から映画制作への転身
NEXTYLE 紹介動画

中川 龍太郎

中川龍太郎 Ryutaro Nakagawa

株式会社Tokyo New Cinema取締役。映画監督。1990年生。神奈川県出身。慶應義塾大学文学部卒。『四月の永い夢』がモスクワ国際映画祭国際批評家連盟賞、ロシア映画批評家連盟特別表彰をダブル受賞。『愛の小さな歴史』(14)、『走れ、絶望に追いつかれない速さてで』(15)が東京国際映画祭日本映画スプラッシュ部門に2年連続入賞。詩人としても活動し、著書に『詩集 雪に至る都』(07)、やなせたかし主催「詩とファンタジー」年間優秀賞受賞(10)。
詩人をしながら映画の世界に 海外からも注目される新世代の監督・中川龍太郎
NEXTYLE 紹介動画

Takashi Fujimura

藤村駿 Takashi Fujimura

株式会社Tokyo New Cinema取締役。プロデューサー。『走れ、絶望に追いつかれない速さで』『四月の永い夢』の制作を手がける。映画作品のロードショー上映や全国での DVD レンタル・販売を担当し成功させる。主演を務めた長編『Calling』がボストン国際映画祭にて最優秀撮影賞を受賞。そのほか『雨粒の小さな歴史』『Plastic Love Story』『愛の小さな歴史』に出演。

佐近圭太郎

佐近圭太郎 Keitaro Sakon

映画監督。日本大学芸術学部卒。池松壮亮主演の短編映画『家族の風景』が福岡インディペンデント映画祭最優秀作品賞&主演男優賞、TAMA NEW WAVE映画祭特別賞&主演男優賞など、各映画祭で多数受賞した。『四月の永い夢』では助監督を務める。TokyoGameShow2017にて、First VR PR動画『母乱心編』を企画・制作。

Yuma Arai

新井悠真 Yuma Arai

プロデューサー。東京大学法学部卒。東大在学中に映画誌を立ち上げ、編集長として映画評論、映画館への取材記事などを執筆する。東大で2011年度より始まった体験活動プログラム「ロサンゼルスで映画を製作する」の第一期生に選抜されて短期留学し、現地で活躍する日系二世の画家を取材したドキュメンタリーを製作する。日本経済新聞社、ドワンゴを経て2017年より株式会社Tokyo New Cinemaに所属。

武藤康平

武藤康平 Kohei Muto

株式会社Tokyo New Cinema取締役兼最高戦略責任者。米国ボーディングスクールを卒業後、日本の国立大学に進学。米系投資銀行(日本)にて主にクロスボーダー案件を担当した後、元英国首相トニー・ブレア氏が率いる機関のプライベート・エクイティー投資部門(イスラエル)にて中東における再生可能エネルギー、テクノロージー及び金融機関への投資を担当。2017年よりTokyo New Cinemaの経営に参画。

猪俣 武範

猪俣武範 Takenori Inomata

株式会社Tokyo New Cinema顧問。医学博士を取得後、ハーバード大学眼科研究室へ留学、同時にボストン大学エグゼクティブMBAを修得。 Tokyo New Cinema の経営顧問。

石森剛史 Tsuyoshi Ishimori

WORKS