株式会社 Tokyo New Cinema

MENU
株式会社 Tokyo New Cinema
〒194-0021 東京都町田市中町1-4-2
tel. 042-720-1024
mail. info@tokyonewcinema.com

TOPICS

【閑話第2回 活動報告】

no photo

Tokyo New Cinemaはいくつかの部署にわかれて作業をしています。部署といっても正式な会社なわけではないのでメンバーは若干流動的ですし、その業務内容も多岐にわたるのですが、便宜的に分かれているんです(僕は大袈裟な言い方が好きではないので、あくまで「便宜的」と書かせていただきます)。一つには演出部。監督・助監督・脚本補佐など作品のストーリー面・演出面などを担当する部署です。二つ目は技術部。撮影・録音・照明・編集などを中心に作品の技術的な側面を担当する部署です。ブログを書いているメンバーの中では金曜日担当の今野、日曜日担当の石森などがここにいます。そして制作部。ロケ地の選定、撮影スケジュールの作成、予算の管理など、言ってみれば映画制作の心臓や頭脳というべき部署です。制作部には木曜日担当の中村萌乃がいます。因みに制作を心臓や頭脳に例えるなら、技術部は筋肉や骨、即ち肉体そのもので、演出部は心ということができるかもしれません。衣装や美術、小道具などのスタッフは技術部と制作部の中間に位置するのではないでしょうか。でも基本的には専門的な技術が要されるので、技術部の括りといって良いかもしれません(勿論専門性はどの部署でも同じことなのですが)。Tokyo New Cinemaにはそれとはまた別に広報部が存在します。ブログメンバーでは水曜日の藤村、土曜日の杉山がいます。フライヤーを制作して作品を宣伝・広報したり、劇場と交渉したり、出資を募ったり…作業内容は多岐にわたる重要な部署です。

これらの部署で専属スタッフと作品ごとのスタッフが分担して、キャストの方々と一丸になって作品を企画から公開まで持っていきます。映画制作は大勢の異なる個性が同じ目標(作品を完成させ、なるべく多くの人に届ける)に向かって必死で努力することが最大の魅力なのかもしれません。

現在、広報部では新作『Plastic Love Story』のプロモーションと現在制作中の新作の資金繰りなどを行っています。技術部も『PLS』の編集や整音、効果録音などを行っています。それと同時に演出部・制作部・技術部は間近に迫った夏の撮影に向けて準備を進めています。

夏の撮影が始まると、このブログの編成も一時的に変わります。広報を担当している藤村、杉山、木ノ内の三人を中心にしたものになり、他のメンバーは現場に駆り出されることになります。

TNCの活動に興味がある方、映画に尽きぬ情熱や興味を持っている方、いつでも自分たちは門戸を開いておりますので、御連絡下さいね。

平成25年7月17日

中川龍太郎

WORKS