株式会社 Tokyo New Cinema

MENU
株式会社 Tokyo New Cinema
〒194-0021 東京都町田市中町1-4-2
tel. 042-720-1024
mail. info@tokyonewcinema.com

TOPICS

『四月の永い夢』第35回あきる野映画祭レポート!!

7/28(日)に『四月の永い夢』が第35回あきる野映画祭にて上映されました。
会場の最寄り駅である武蔵五日市の駅を降りると、山などの自然の景色が広がっていました。

会場の五日市会館では、かき氷や映画祭オリジナルTシャツが販売されるなど、多くの人で賑わっておりました。

あきる野映画祭 舞台挨拶レポート

上映前の授賞式、トークショーに、主演の朝倉あきさん、中川龍太郎監督が登壇しました。

はじめに中川龍太郎監督への「斎藤耕一賞」授賞式が行われました。

「斎藤耕一賞」は、『約束』『旅の重さ』などの名作を世に送り出し、創成期から当映画祭を応援し続けた斎藤監督に敬意を表するとともに、映画界の新しい才能を応援したいという想いから制定された賞とのことです。

トロフィーは斎藤監督の奥様の斎藤八重子さんから、中川監督に贈呈されました。

中川監督 「中学生の時に斎藤耕一監督の映画をツタヤで借りて見ていました。あきる野市に来たのは今回が初めてで、駅を降りた時に広がる自然の景色にものすごく感動を覚えました。実行委員の方々や市民の皆様があってこそ、映画祭が存在していると思っております。継承してくれる人がいるから今の僕があります。この度は本当にありがとうございます。」

そして授賞式の後は主演の朝倉あきさんも登壇され、トークショーが行われました。

特に注目してみて欲しい、思い入れのあるシーンなどはありますでしょうか?という質問に、朝倉さんは「初海がどういったきっかけで前に進んだか、今どういったことを感じているか、などに目や耳を凝らしてみて欲しいです。そしてこの映画には好きな台詞が本当に多いです。一つ一つのセリフに映画全体の思いが込められていると思うので、その中から何か一つでも持ち帰っていただけたら」と答えられました。

中川監督は「昔から多摩地域は愛着があって故郷なんです。ロケ地のメインも立川や国立で、多摩の風景を撮ることを強く意識しました。ですので、出ている人物の背景に流れる景色も、併せて見てもらえると嬉しいです」と語りました。

会場は終始笑いに包まれ、最後に映画祭オリジナルTシャツがお二人にプレゼントされました。


四月の永い夢 〈DCP上映〉2017年/日本

監督:中川龍太郎

出演:朝倉あき、三浦貴大、川崎ゆり子、高橋由美子、高橋惠子

3年前に恋人を亡くした27歳の滝本初海。音楽教師を辞めたままの穏やかな日常は、亡くなった彼からの手紙をきっかけに動き出す。
元教え子との遭遇、染物工場で働く青年からの思いがけない告白。そして心の奥の小さな秘密。
――喪失感から緩やかに解放されていく初海の日々が紡がれる。

『四月の永い夢』公式ホームページ

MOVIE