株式会社 Tokyo New Cinema

MENU
株式会社 Tokyo New Cinema
〒194-0021 東京都町田市中町1-4-2
tel. 042-720-1024
mail. info@tokyonewcinema.com

TOPICS

《情報解禁》佐近圭太郎監督新作映画『わたしの見ている世界が全て』マドリード国際映画祭にて4部門にノミネート!【主演: 森田想】

《情報解禁》佐近圭太郎監督新作映画『わたしの見ている世界が全て』マドリード国際映画祭にて4部門にノミネート!【主演: 森田想】

    

森田想さんを主演に迎え、中村映里子さん・中崎敏さん・熊野善啓さんら実力派のキャストが揃い、弊社所属の佐近圭太郎監督が手がけた新作映画『わたしの見ている世界が全て』が完成し、7月20日から開催されるマドリード国際映画祭外国映画部門正式出品されることが決定しました。

さらに主演女優賞(森田想)助演女優賞(中村映里子)脚本賞ヘアメイク賞の4つの賞にノミネートされました。

また、同じく7月に開催される、ダラス・アジアン映画祭フィクション長編部門にも正式出品が決定しました。

  

本作は、一人の力で生きてきたつもりの主人公・遥風(森田想)が、母の死をきっかけに再会した兄弟との交流を通じて、大切なものに気付いていく物語。
「個人の力で生きていくこと」がもてはやされる時代の中で、“失われつつある大事な心”を描いた作品となります。

主演を務める森田想さんは、映画『アイスと雨音』(松居大悟監督/2018)にて初主演し、その演技力を高く評価され、『タイトル、拒絶』、『朝が来る』、NHK連続テレビ小説「エール」など映画・ドラマの話題作への出演が続く、注目の若手実力派。

製作は、モスクワ国際映画祭ダブル受賞『四月の永い夢』(2017)、東京FILMeX観客賞受賞『静かな雨』(2020)、カザフスタンとの国際共同制作映画・釜山国際映画祭オープニング作『オルジャスの白い馬』(2020)(主演・森山未來)など、国際映画祭で高い評価を受けている弊社Tokyo New Cinema

監督は弊社所属で、TAMA NEW WAVE映画祭特別賞・主演男優賞などを受賞した池松壮亮主演の短編『家族の風景』や、EXILEの小林直己主演短編ドラマ『アイの先にあるもの』など監督した気鋭の若手・佐近圭太郎監督。本作は『東京バタフライ』(2020)に続いて長編2作目となります。

今回、正式出品が決まったマドリード国際映画祭は、これまでに深田晃司監督の映画『さようなら』が最優秀作品賞を受賞するなど、欧州でも注目の映画祭です。

また、同じく正式出品が決まったダラス・アジアン映画祭は、アメリカ南部最大級のアジア映画祭として知られています。

本作は、2023年劇場公開を目指し、今年夏に宣伝・配給に向けたクラウドファンディングの実施を予定しています。


ストーリー

「一人で生きる」ことがもてはやされる現代——
いつも自分を優先してきた遥風が、家族や同僚などを失い、
大切なものに気が付いていくまでの物語

熊野遥風は、亡き父や兄妹達との価値観が合わず、大学進学を機に実家を飛び出し、ベンチャー企業で活躍していた。しかし、目標達成のためには手段を選ばない性格が災いし、パワハラを理由に退職に追い込まれる。復讐心に燃える遥風は、自ら事業を立ち上げて見返そうとするが、資金の工面に苦戦。母の訃報をきかっけに実家に戻った遥風は、これをチャンスと考え、3兄妹に実家を売って現金化することを提案する。興味のない姉と、断固反対する兄と弟。野望に燃える遥風は、家族を実家から追い出すため、兄を婿入りさせ、ニート同然の弟に仕事をあてがう。末っ子遥風による、「家族自立化計画」が始まろうとしていた―


佐近圭太郎監督 コメント

タイトルにも込めましたが、私は自分から見えている世界だけを信奉し、その他の世界への想像力がない人や、そういった振る舞いに対してずっと違和感を感じてきました。というより、今作の制作を通して、自分が心の奥底で抱いていた“違和感に気づいた”というのが本音です。
“何かを成し遂げるためには犠牲は必要だ”と時折耳にするフレーズがあります。
これは自己犠牲の範疇ならば自由ですが、他者を巻き込んだ上で、これを前提化することは自己実現を目的とした欺瞞であり、ただの暴力でしかないぞ!という怒りに近い気持ちがふつふつと込み上げてきた結果、『わたしの見ている世界が全て』(英題:LONELY GLORY)という物語が立ち上がりました。
見えない所でみんなが色んな思いや葛藤を抱えて日々を生きてるし、それは決して他者から簡単に見えるものではない。そんな想いを込めた映画です。


映画祭情報

●マドリード国際映画祭
外国映画部門 (2022年7月22日上映)
ノミネート:主演女優賞 / 助演女優賞 / 脚本賞 / ヘアメイク賞

●ダラス・アジアン映画祭  https://asianfilmdallas.com/2022-lineup
フィクション長編部門(2022年7月22日17:30〜)


<キャスト・監督プロフィール>

主演・熊野遥風 役:森田想(もりた こころ)

2000年2月11日生まれ、東京都出身。
松居大悟監督が手掛けた映画『アイスと雨音』で初主演を果たし、河瀨直美監督の『朝が来る』、NHK連続テレビ小説『エール』など、若手演技派女優として数々の話題作に出演。最新出演作、映画『わたし達はおとな』が劇場公開中。

熊野実和子 役:中村映里子(なかむら えりこ)

1988年9月14日生まれ、山形県出身。
安藤モモ子初監督作品『カケラ』でW主演。中性的な役、芯の強いクールな役などが多く、怒り、悲しみなどの深い表現が得意。ドラマでは大河ドラマ「軍師官兵衛」、映画では『愛の渦』(三浦大輔監督)『予兆 散歩する侵略者 劇場版』(黒沢清監督)などに出演し、『愛の⼩さな歴史』(中川龍太郎監督)では主演を果たす。ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2022 スペシャルプログラムとしてオンライン上映される『ボーダレス アイランド』(岸本司監督)に出演。

熊野拓示 役:中崎敏(なかざき はや)

俳優。北海道出身。幼少期をハワイで過ごす。
2015年「3泊4日、5時の鐘」(三澤拓哉監督)で⻑編デビュー。出演作に映画「帝一の國」(17/dir.永井聡 )、Netflix「The Outsider」(18/dir.マーチン・サントフリート)、映画「ワンダーウォール 劇場版」(20/dir.前田悠希)など映画を中心に国内外の作品に出演。近作に映画「ある殺人、落葉のころに」(21/dir.三澤拓哉)、映画「あのこは貴族」(21/dir.岨手由貴子)、映画「花束みたいな恋をした」(21/dir.土井裕泰)、映画「やがて海へと届く」(22/dir.中川龍太郎)等がある。

熊野啓介 役:熊野善啓(くまの よしひろ)

1984年3月12日生まれ。静岡県出身。
劇団チャリT企画の劇団員として17年間活躍し2020年に退団。これまで舞台出演の本数は100本を越える。舞台だけにとどまらず映画、テレビ、CM、外画吹替など幅広く活躍中。主な出演作品として、佐近圭太郎監督「女優 川上奈々美」「東京バタフライ」、中川龍太郎監督「四月の永い夢」「湯あがりスケッチ」がある。

監督:佐近 圭太郎(さこん けいたろう)

1990年、千葉県育ち。
監督・脚本。TokyoNewCinema所属。日本大学芸術学部映画学科監督コース首席卒業。短編『家族の風景』(主演:池松壮亮)がTAMA NEW WAVE 映画祭特別賞・主演男優賞、福岡インディペンデント映画祭最優秀作品賞・主演男優賞など多数受賞。短編『女優川上奈々美』がゆうばり国際ファンタスティック映画祭に入選、ショートショートフィルムフェスティバル&アジア2018にて正式上映される。2020年には自身初の長編映画『東京バタフライ』が劇場公開。2022年にはEXILEの小林直己 主演短編ドラマ『アイの先にあるもの』で監督を務める。


<メディア掲載>

◆【映画ナタリー
森田想主演「わたしの見ている世界が全て」マドリード国際映画祭で4部門ノミネート

◆【CINEMA Life!
森田想主演×佐近圭太郎監督『わたしの見ている世界が全て』マドリード国際映画祭外国映画部門に正式出品


<クレジット>

森田想
中村映里子 中崎敏 熊野善啓 他

監督・編集:佐近圭太郎
脚本:末木はるみ 佐近圭太郎
音楽:大橋征人
エグゼクティブプロデューサー:石川俊一郎 木ノ内輝
プロデューサー:福田涼介 石森剛史
撮影:村松良  照明:加藤大輝  録音:伊豆田廉明
美術:畠智哉   衣裳:若槻萌美  ヘアメイク:タカダヒカル
助監督:内田新  制作担当:石渡友作  整音:内田雅巳 スチール:高木美佑
製作:Tokyo New Cinema
上映時間:82分(2023年劇場公開予定)
©2022 Tokyo New Cinema

WORKS