株式会社 Tokyo New Cinema

MENU
株式会社 Tokyo New Cinema
〒194-0021 東京都町田市中町1-4-2
tel. 042-720-1024
mail. info@tokyonewcinema.com

TOPICS

[KICKSTARTER] ゴール寸前!

右(8月14日現在)にキックスターターが表示されていると思いますが→
こちらのキャンペーンは目標まであと寸前、残す期限もあと1日になりました!

ちなみにキックスターターとはクリエイティブなプロジェクトを支援するための世界最大のクラウドファウンディング・サービスです。アメリカのサービスですが、日本語字幕も付いているので是非動画を含めてご覧下さい。




(英語字幕の予告編、キックスターターとは別動画)

目標金額まで達しなかった場合はすべてのサポートを返還するオール・オー・ナッシングというシステムになっており、ゴールまで緊張します。

http://kck.st/1oFzHsc (日本語本文下部、動画日本語)

また、映画祭のご招待も含めて特別な特典もお付けしているので、もしこの映画やキャンペーンを気に入っていただけたらご支援お願いします。以下、監督からの一言です。

kickstarter pls taka

■監督の一言

『Plastic Love Story』の監督、中川龍太郎です。

『Plastic Love Story』は三人の少女たちの成長についての映画です。彼女たちには何一つとして接点はありませんが、ただ誰かと一緒にいたいこと、誰かと分かり合いたいと願っていること、その各々の孤独だけで繋がっています。三人は三人なりに他者を求めて、不器用で美しい「Plastic Love Story」を紡ぎだします。その結果、三人それぞれが、大きな挫折と哀しみと傷を背負います。それでも、三人は前に進もう、いやむしろ、これまで以上に強くなろう、絶対に生き延びよう、そう図太くも、小さく、力強い一歩を踏み出します。

自分はこの映画で、傷ついても、それでも立ち上がって自らの足で進む、若い命の意志について描いたつもりです。今の日本に必要なのは、あるいは図太さなのかもしれません。

自分も去年の六月に大切な友人を自ら命を絶つというかたちで失いました。誰よりも大切な友人を失ってもなお、僕は生きて、こうして映画を撮っています。生き残ってもなお映画に固執しつづけている自らに辟易とする瞬間もあります。それでも創るしかない、撮らざるを得ない、僕は命続く限り、力を尽くして映画を撮り、自由に撮ることができる環境を生み出し、かつ助けて下さった皆様にご恩返しさせていただく所存であります。

この映画が一人でも多くの方に見ていただけること、そしてそのことがほんのわずかであっても誰かの救いになることを、切望してやみません。
何卒、ご支援のほど、宜しくお願い申し上げます。中川龍太郎

『Plastic Love Story』は現代の若者が成長する過程の物語です。失われた世代と呼ばれ、不況にも負けなかった日本の若者の姿勢は国外でも必ず評価されるのだと思います。ぜひ皆で、このキャンペーンを成功に導きましょう!ご支援、よろしくお願い致します。

Tokyo New Cinema
代表 木ノ内輝

WORKS