Tokyo New Cinema

モスクワ国際映画祭、台北映画祭

四月の永い夢 SUMMER BLOOMS

2018年春劇場公開
モスクワ国際映画祭、台北映画祭

Crowdfunding

クラウドファウンディング募集中!

支援者の方に中川監督デザインの劇中使用、
かまわぬ製オリジナル手ぬぐいを特典としてプレゼントしています。

詳しくはこちら

「四月の永い夢」 予告編

「四月の永い夢」 特報

Story&Introduction

あなたへ贈る、最後のラブレター

滝本初海、27歳。中学の音楽教師を辞めて3年、近所の蕎麦屋でアルバイトをしている。変わらない日常のなかにふと訪れた一葉の手紙。それは3年前の春に亡くなった恋人が初海に向けて書き遺したものだった。
隣の工場で働く青年からの求愛、かつての教え子との再会、そして初海自身が隠していた想い。一葉の手紙をきっかけに、変わることのなかった真夏の日常が少しずつ動き始める。
これは、滝本初海の止まっていた季節が、再び動き出すまでの物語。

『走れ、絶望に追いつかれない速さで』『愛の小さな歴史』で最年少にして東京国際映画祭で2年連続入選を果たした中川龍太郎監督の最新作。主人公・初海を演じるのは『かぐや姫の物語』で独特の息遣いと存在感を魅せた朝倉あき。初海に想いを寄せる手ぬぐい職人の志熊役は『淵に立つ』『ローリング』でも安定した演技力を魅せた三浦貴大が熱演。そして初海の元教え子・楓役にはいま最も注目を集めている演劇団体マームとジプシーから川崎ゆり子が抜擢。脇を固める高橋惠子、志賀廣太郎などの独特の存在感と実力を兼ね備えた俳優陣の演技も注目だ。

Cast & Staff

朝倉あきAki Asakura

1991年生まれ、神奈川県出身。2008年の『歓喜の歌』でスクリーンデビュー。『とめはねっ! 鈴里高校書道部』(10)にてテレビドラマ初主演。朝ドラ『てっぱん』『純と愛』や『下町ロケット』などの話題作へも出演。映画では『神様のカルテ』(11)『横道世之介』(13)スタジオジブリのアニメ映画『かぐや姫の物語』(13)のヒロイン・かぐや姫の声も演じた。その他、舞台やラジオなどにも活動の幅を広げている。

三浦貴大Takahiro Miura

1985年生まれ、東京都出身。『RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語』(10)でデビューし、第34回日本アカデミー賞新人俳優賞と第35回報知映画賞新人賞を受賞する。近年の出演作に『サムライフ』(15)、『進撃の巨人』シリーズ(15)、『怒り』(16)、『世界は今日から君のもの』など。

川崎ゆり子Yuriko Kawasaki

1991年生まれ、東京都出身。藤田貴大が主宰するマームとジプシーの公演に2011年から出演を開始する。近年の出演作は『ロミオとジュリエット』(16)、『書を捨てよ町へ出よう』(15)など。その他、映画・MVへの出演、モデルなど幅広く活動している。2017年7〜9月にマームとジプシー10周年の日本ツアー公演。

中川龍太郎Rytaro Nakagawa

1990年神奈川県生まれ。詩人としても活動し、著書に『詩集 雪に至る都』(07)。やなせたかし主催「詩とファンタジー」年間優秀賞受賞(10)。国内の数々のインディペンデント映画祭にて受賞を果たす。『Calling』(12)がボストン国際映画祭で最優秀撮影賞受賞。『雨粒の小さな歴史』(12)がニューヨーク市国際映画祭に入選。東京国際映画祭日本映画スプラッシュ部門では『愛の小さな歴史』に続き2 年連続の出品を最年少にして果たす。

中川龍太郎Rytaro Nakagawa

1990年神奈川県生まれ。詩人としても活動し、著書に『詩集 雪に至る都』(07)。やなせたかし主催「詩とファンタジー」年間優秀賞受賞(10)。国内の数々のインディペンデント映画祭にて受賞を果たす。『Calling』(12)がボストン国際映画祭で最優秀撮影賞受賞。『雨粒の小さな歴史』(12)がニューヨーク市国際映画祭に入選。東京国際映画祭日本映画スプラッシュ部門では『愛の小さな歴史』に続き2 年連続の出品を最年少にして果たす。