株式会社 Tokyo New Cinema

MENU
株式会社 Tokyo New Cinema
〒194-0021 東京都町田市中町1-4-2
tel. 042-720-1024
mail. info@tokyonewcinema.com

TOPICS

『わたしは光をにぎっている』主題歌カネコアヤノさんの銭湯ライブ開催!主演松本穂香さんと中川龍太郎監督の3名での対談も!

東京都の高円寺にある銭湯 小杉湯にて10/31(木)に『わたしは光をにぎっている』のイベントが開催されました!松本穂香さん、カネコアヤノさん、中川龍太郎監督が登壇しました。本作の舞台は銭湯で、松本さんが演じる澪の銭湯を中心とした日常が描かれています。

実はこの日が初顔合わせのお二人。松本さんは「ドキドキしています」、カネコさんは「やっと会えたという感じです。かわいい」と語りました。

友人に誘われて年の瀬の下北沢でライブを聞いた中川監督。監督曰く「魂が、震えて、席から立てなくなりました。」(引用元)その後、直接居酒屋で面会した際に主題歌をオファーしたとのこと。カネコさんは当時を振り返りながら「第一声で『映画を作っているんだけど、主題歌を書いてほしいんだよね』って。まず誰?って思いましたけど、勢いが面白すぎてやりますとなりました」と話されました。

その後、主題歌と本編の話になると、

松本さんは「ラストにカネコさんの歌が流れてくる瞬間が大好き。澪の未来が見える感じがしてすごくよかったです」と主題歌への想いを語り、カネコさんは「中川さんに『明るい歌がいい』と言われていたので、暗くならないように。先に向かっていくようなポップソングを作ろうと思っていました。映画を観て、言葉もすぐに降りてきました」と楽曲制作時に意識していたことを打ち明けました。

 

続いて、カネコアヤノさんが本作のために書き下ろした主題歌「光の方へ」を披露。歌い終えると、松本さんは「素晴らしかったです。泣きそうです。最高でした」と語りました。中川監督は「本当に最高。明るい曲なのに、アヤノさんのミュージックはなぜか泣けてくる。切なさや苦しさも感じるんですよね」と感想を述べました。

最後に、中川監督は「この映画はいろいろな偶然が重なって、松本さんに主人公、アヤノさんに主題歌をやっていただきました。映画は縁を映し出すというか、タイミングで生まれるものだと思います。これ以上最高なコラボレーションがこれからできるかわからないので、ぜひこのタイミングで劇場で観ていただければ」と述べました。

イベントの開催場所となった小杉湯の番頭兼イラストレーターである塩谷歩波さんは、中川監督曰く澪のモデルとのこと。建築の知識と経験を生かして、都内を中心に40軒以上の銭湯の魅力を図解して発信する「銭湯図解」を手掛けています。記念に2人でツーショット撮影。

小杉湯のスタッフの皆様とも記念撮影。人情と優しさが溢れ、86年の歴史を持つ由緒ある銭湯を担う素敵なスタッフの方々でした。ありがとうございました!

[メディア掲載情報]

■映画ナタリー
松本穂香、小杉湯でカネコアヤノの生歌に感激「泣きそうです」
https://natalie.mu/eiga/news/353632

■anemo
【レポート】『わたしは光をにぎっている』カネコアヤノ銭湯で熱唱!松本穂香が生演奏に感無量「大好きで素晴らしい瞬間」
https://www.anemo.co.jp/movienews/report/watashi_hikari-3-20191101/

[作品情報]


【物語】

宮川澪、20歳。

ふるさとを出て、働きだした。友達ができた。好きなひとができた。

その街も消える、もう間もなく。

両親に代わって育ててくれた祖母・久仁子の入院を機に東京へ出てくることになった澪。都会の空気に馴染めないでいたが「目の前のできることから、ひとつずつ」という久仁子の言葉をきっかけに、居候先の銭湯を手伝うようになる。昔ながらの商店街の人たちとの交流も生まれ、都会の暮らしの中に喜びを見出し始めたある日、その場所が区画整理によりもうすぐなくなることを聞かされる。その事実に戸惑いながらも澪は、「しゃんと終わらせる」決意をするーーー。

【予告編】https://www.youtube.com/watch?v=Jz8CtkiJvHs

【公式サイト】http://phantom-film.com/watashi_hikari/

 

[全国上映に向けてクラウドファンディング実施中!]

《松本穂香主演 / モスクワ国際映画祭特別招待作品》
映画『わたしは光をにぎっている』をより多くの方々へ!!

第41回モスクワ国際映画祭、第21回台北映画祭にて上映されるなど、世界的に注目されている中川龍太郎監督の最新作『わたしは光をにぎっている』。本作をより多くの方々に届けるため、サポーターを募集するプロジェクトを実施しています。

現在までに沢山のご支援をいただいております。応援いただきました皆様、誠にありがとうございます。中川龍太郎監督の過去作品から続いてご支援いただいている方も多く、大変励みになっております。

主演松本穂香さんと中川龍太郎監督のサイン入りポスターや作品HPやエンドロールへのお名前の記載など、まだまだ限定特典も残っております。

本作を多くの方々に届けるため、応援のほどよろしくお願いいたします!

[公式サイト(Motion Gallery)]   https://motion-gallery.net/projects/mio-on-the-shore

11月15日より全国ロードショー

WORKS